のぼりの発祥

のぼりは店を目立たせるために一番外に置く。だからこそ汚れや破損も多いので、こまめにチェックや手入れをし、大事に使い続けよう。

のぼりのいろは

のぼりの発祥

店が遠くにいる人からも見つけられやすくなる為に立てるのぼりは、店前に立てるだけでも宣伝の効果があがる集客抜群の営業グッズです。

目を引く事によって店に入りたい気持ちをかき立てて、それだけではなくかなり遠くを歩いている人にも「あそこに何の店があるな」と店をアピールして発見させる、重要な広告ツールなので、経営向上の為にものぼりを立てる経営者は非常に多いです。

目立つ色ののぼりは更に目を引きやすく、店の名前や人気商品を記載すれば、判断もしやすく入りやすい印象になって売り上げもアップするのでオススメです。

しかし、あまりにもたくさん立てると、ダサい田舎の商店街のようになってしまいますので、センスを活かして効果的に活用しましょうね。

実はのぼりの起源はかなり昔にさかのぼり、戦国時代から使用されていたをご存知でしょうか。

よく大河ドラマなどで、風にはためくのぼりが高々と掲げられ、戦場で戦国武将が戦っていますね。

それは、これをすることによって、広い平原に自分の仲間が多くいるように見せ、相手をひるませたり、味方を勇気づけたりするわけです。

ハイテク機器のない昔だからこそのぼりを活かして、武力誇示のために家紋や名前を染めた高いのぼりを掲げる事で自分たちに有利な戦いの流れになるようコントロールしたのです。

【参考サイト】のぼりとはどんなもの?

Copyright (C) www.globalpeacerally.com. All Rights Reserved.

のぼりのいろは